ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2017.08.15 Tuesday

ゴーヤ

 

奈良の実家のゴーヤ

春の親父の一周忌の時に苗を1本植えたヤツがこんなに育ってました。

日除け効果大・・・

 

ゴーヤちゃんは

チャンプルとサラダに・・・変身

 

2017.08.14 Monday

夏@奈良

 

 

夏真っ盛り・・・

しかしながら夕方から夜は涼しい・・・

エアコン無しで窓開けていれば快適・・・

こんな奈良の夏は久しぶりかも・・・

 

昔はこんな感じだったはず

 

近所の馬見丘陵公園に行ってみた

馬鹿でかい公園で、公園内に古墳が6箇所ぐらいあります。

中学校に通う途中にあった前方後円墳の巣山古墳も立派に保護されてました。

 

ヒマワリ畑があるのだがもうほとんどがしおれていて・・・

元気そうなのを狙って撮ってきた。

 

いつものオリンパスE-M5とオリンパス・オールドレンズ・ZUIKO 100mm f2.0

 

 

 

 

 

 

2017.08.12 Saturday

奈良帰省

 

奈良に帰省しました。

オカンの介護帰省と言う名目なのだが、そのまま夕方から奈良公園に出向いた。

久しぶりの奈良公園

 

8月のお盆10日間は奈良公園周辺で「なら燈花会」が開催されてます。

 

見た目は涼しげでここと良い感じだが、撮ってる方は汗だくだったりします。

 

幼稚園から小1まで奈良国立博物館の前に住んでいたので懐かしい・・・

子供の頃は奈良公園が遊び場だったりします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.08.07 Monday

スイカのグラニテ

 

スイカのグラニテを作ってみた

旨い、さわやか、美味しい、はまりそう

 

作り方はとても簡単

スイカをブロックに切り出し、スイカの10%ぐらいの砂糖と1/2レモン汁を混ぜてつぶす

そこに今回は大さじ1杯のウォッカを追加

後は冷凍庫で冷やすのみ

2時間後ぐらいにフォークでかき混ぜておく・・・

 

後は、盛りつけるのみ

今回は2センチ角のスイカもそのまま凍らせて一緒に盛りつけました。

 

レモンが良い感でスッキリさっぱりで暑さをしのげます。

かき氷みたいにキ〜ンも来ないし

スイカも値段がこなれてきたので良いかも

 

 

 

 

 

2017.08.01 Tuesday

キシラデコール

 

前回、ケルヒャーで掃除したテラス

ケルヒャーで3〜4年前のキシラデコールをある程度剥がしたので・・・今回は新に塗る

土曜日の隅田川花火の翌日

本日も雨模様という噂であったが、曇り空で降りそうも無い・・・

カンカン照りの中では熱中症になりそうだし、今日みたいな日が仕上げ塗装には絶好・・・風もさらさらと吹いているし

って事で塗りました。

 

前回はマホガニーを塗ったのだが、今回はキシラデコールの「ジェットブラック」を選択してみた。

壁面も濃いグレーだし合うのではと思った次第。

キシラデコールのジェットブラックは隠蔽性も強くないようで・・・下地のマホガニーと合わさってこげ茶色っぽくなりました。

これはこれでよしとしましょう。

 

合計3時間コースでした。

キシラデコールは油性なのでシンナー臭が・・・ね・・・

乾燥しきったセランガンバツはキシラデコールを吸いまくっていました。

 

セランガンバツの簀の子

きっと隙間を2mmぐらいでビチッと揃えれば良かったのかなぁ

 

そろそろ、このシマトネリコちゃん

どうしようかなぁ〜〜

きっと、50kgぐらいありそうです。

 

 

 

 

2017.07.30 Sunday

隅田川花火

毎年、隅田川の花火大会はThought-FACTORY屋上から観戦

今年は生憎の雨模様

やるのか?やらないのか?

雨の中、決行となりました。

 

シトシト雨降りだったのだが、撮ってみました。

花火写真は難しい・・・しかしながら最近のデジカメの威力も凄い・・・

OLYMPUS E-M5 MARKIIではライブバルブという機能があり、ご覧のような写真が素人でも撮れてしまいます。

 

ライブバルブでちょっと面白い写真にも挑戦してみようかしら・・・

こりゃぁ面白いかも

カメラが明暗合成してくれるのです。

 

Thought-FACTORYでは同時に舍楽人の会も開かれて久しぶりに会う方々とも話が出来たかなぁ〜〜

 

 

しかし、最近の花火の色彩色豊かさは凄いですね

基本的には炎色反応だと思うのだが、いろんな鉱物を入れているという事なのかなぁ??

 

 

 

 

 

 

 

2017.07.19 Wednesday

テラス掃除

Step-Houseのテラス

テラスの床材はセランガンバツですのこ状になってます。すのこの下は2F部分の屋根があります。屋根はガルバリウム鋼板
で、テラスには鉢植えのシマトネリコ
こいつがだいぶ成長してきていて鉢の中は根っこが入り乱れている感じぎゅうぎゅう状態
それと、常緑樹なのだが、それなりに葉っぱも落ちます。周りのアイビーも葉っぱが落ちます。
その葉っぱがすのこの間から落ちて屋根の上に堆積してしまいます。土埃と雨と落ち葉が固まって屋根の上にくっついてどんどん溜まっていく感じかなぁ〜〜
よって、思ったこと
テラスに鉢植えはミドリもあって良いのだが、「鉢植えの木を置くこと」=「それなりの覚悟が必要」っと言うことです。
Step-Houseのテラスのすのこは取り外せるようになってます。
取り外せないとえらいことになってしまいます。
それは、下の写真、すのこを上げるとこんな感じ落ち葉が堆積して屋根の上にくっついてしまってます。
1年間ほったらかしておくとこんな感じ。
ぎょえって感じです。
まずはこの落ち葉集めから始まります。
落ち葉を一通り集め終わると、今度はこびりついた土が・・・こいつは一筋縄では綺麗になりません。以前は、シャワーで水をかけて柔らかくなった所をほうきで掃いていたのです。これは結構重労働・・・つかれる・・・
で、秘密兵器の出番
高圧洗浄機ケルヒャー
威力は抜群です。
みるみる綺麗になっていきます。ベランダクリーナーというアダプターを付けると良い感じ。
ケルヒャー効果が下の写真
でも、疲れます。ケルヒャーのガン部分のトリガーをずっと握り続けておかないといけないのでこれが、結構、力が必要で・・・疲れる。是非とも固定できるようにしたいモノです。ちょっと考えよう・・・
しかし、ケルヒャーのおかげでかなりの時短になってます。作業効率も抜群
セランガンバツ材はアイアンウッドなのですのこ1枚もそれなりに重い・・・
しかし、順番にやっていくしかない・・・
まぁ==半日仕事って感じです。
綺麗になるので満足度は高いかなぁ
でも、テラスのすのこが分解できない構造だったら絶望的ですね・・・掃除しようがないもの
か、テラスを設置する場合はすのこ状じゃなくてピッチリと敷き詰めるか・・・
今回は、セランガンバツの表面にキシラデコールも塗ってあげようと思っているのでさらに、テラスの表面も念入りにケルヒャーで綺麗にしてみました。
ケルヒャーの威力が半端ないのか・・・古いキシラデコールの表面もケルヒャーである程度はぎ取ることが出来ます。
(下の写真)
ねっ、表面の塗料が剥げ落ちているのが分かるかと思います。
今週末はここまでの作業で一旦完了
十分乾かして次の週末でキシラデコール塗り塗り大作戦でテラス清掃完了かなぁ〜〜〜
いやぁ〜〜腰と腕が・・・パンパンだわ・・・
しかし、水圧パワーって凄いと再認識
屋根の掃除はだいたい毎年この時期定期的に行うように心がけてます。
やるぞ〜〜って気合いは必要ですが・・・
セランガンバツへの塗装は今回で2回目なので大体、3〜4年に1回な割合かなぁ〜〜
シマトネリコの鉢植え
1階に下ろそうかなぁ〜〜
テラスが殺風景になってしまうかなぁ〜〜
Step-Houseの表側には地植えのシマトネリコもあります。こちらはもっともじゃもじゃに育ったいます。
鉢植えのこのシマトネリコは幾度となく瀕死の状態を乗り越えてこの状態。
鉢植えは水やりをちょっと忘れるとカラッカラになってしまい・・・
あっという間に落葉地獄・・・に・・・
やっぱり樹は地植えかなぁ〜〜っと思ってます。
非常に疲れたの図
まぁ〜出来上がって使ってみて年数経過して
始めて分かることはいろいろとあります。
思ってたとおりになることもあれば、思ってようにはならないこともあります。
そこは、また工夫していければとおもってる次第
Step-Houseにはまた新たな課題も出現してます。
それは、また別の記事で
詳しく記録しておきたいと思ってます。
まぁ〜完成した後も、楽しまないとね・・・
2017.07.12 Wednesday

夏が来た

 

真夏のよう・・・

ドカティは不調でバイク屋に入院中

SRでちょいと珈琲のみに浅草まで・・・

やっぱ、私にはSRが合っているみたい。快適です。

ガレージ部屋から表に引きずり出し

 

燃料コックをオン

アクセルを回しガソリンをキャブレターに引き込み

メインキーをオン

ステップを折りたたみキックスターターに足を掛けて上死点を探り出す

上死点に達したらデコンプレバーを握って圧縮を抜きながら1/4ほど上死点から外す

そしたら一気にキックスターターを踏み下ろす

ダメ・・・

もう一度やり直し

3回目でやっと目覚めました。

 

単気筒のアイドリングのまましばらくそのまま、エンジンにオイルを回してあげる・・・

その間にスイングトップを着て、ヘルメットを被って眼鏡を押し込んで

グローブを付ける

 

バイクに跨がりバックミラーを確認

クラッチを握ってギアを一速に入れる

あとは、クラッチを繋いであげるとそのまま一気に・・・

 

って、このSRの始動の面倒くささが良いなぁ〜〜〜っと

 

浅草まではだいたい45分ほど

Thought-FACTORYに到着しヘルメットとグローブを外しカフェへ

今日は沓澤マスター

マスター特製のシフォンケーキとアイスコーヒーを・・・

旨し・・・バイクで来た甲斐があったというものである。

暑いけどこの時期のバイクは好きですねぇ〜やっぱりバイクは夏でしょう

 

今度は、鴨川のカフェにも顔出さないとな・・・前回は寒くなりかかった季節だったような・・・

 

 

 

 

2017.06.24 Saturday

木と鉄

 

もく と てつ のコラボ作品

良い感じで有りだと思います。

一般のマンションの室内と言えば壁は石膏ボードにビニールクロス張り

マンション自体も鉄筋コンクリート造

 

室内は天然木が欲しいところだとおもいます。

今回KIWAKUは国産杉の集成材でジャングルジムの骨組みを作る

KIWAKUとシキリ、スパルタン

 

ビニールクロスから木(もく)へ変身させるのも良いのではと思ってます。

 

今回の展示ではKIWAKUの杉にはオスモカラーの濃い茶色で着色してみましたが薄いホワイトで着色するとまた全然違った質感になります。SIKIRIのパネルも32mmの杉板です。

経年変化も楽しめると思います。

 

スパルタンの黒皮鉄のエイジングも楽しみです。

 

マンション一部屋欲しいなぁ〜〜

 

 

今回のKIWAKUは浅草Thought-FACTORYの2Fで組み立て直してショールーム化しますのでいつでも実物を見て確認することも出来ます。秋には浦和のマンションにショールームも完成予定との事です。

ちょっとワクワクです。

Thought-FACTORY2Fは泊まることも可能みたい・・・

 

 

 

 

2017.06.24 Saturday

KIWAKUプロジェクト

 

結構盛況に終わった住スタイルTOKYO2017

我々のKIWAKUプロジェクトですがいろんな方々に刺激を与えて続けて完了
ひき続き
このモジュールは浅草Thought-FACTORYでモデルルーム化してお披露目されます。
面白いコンセプトだと思ってます。
基本的にはマンション・リノベーション新しい提案として打ち出したのだが、想定外の問い合わせもあり、こんな使い方も確かにあるなぁ〜〜っと・・・
木と鉄の融合も感じてもらえたのではと思います。
Powered by
30days Album
PR