テラス掃除

2017.07.19 Wednesday

0

    Step-Houseのテラス

    テラスの床材はセランガンバツですのこ状になってます。すのこの下は2F部分の屋根があります。屋根はガルバリウム鋼板
    で、テラスには鉢植えのシマトネリコ
    こいつがだいぶ成長してきていて鉢の中は根っこが入り乱れている感じぎゅうぎゅう状態
    それと、常緑樹なのだが、それなりに葉っぱも落ちます。周りのアイビーも葉っぱが落ちます。
    その葉っぱがすのこの間から落ちて屋根の上に堆積してしまいます。土埃と雨と落ち葉が固まって屋根の上にくっついてどんどん溜まっていく感じかなぁ〜〜
    よって、思ったこと
    テラスに鉢植えはミドリもあって良いのだが、「鉢植えの木を置くこと」=「それなりの覚悟が必要」っと言うことです。
    Step-Houseのテラスのすのこは取り外せるようになってます。
    取り外せないとえらいことになってしまいます。
    それは、下の写真、すのこを上げるとこんな感じ落ち葉が堆積して屋根の上にくっついてしまってます。
    1年間ほったらかしておくとこんな感じ。
    ぎょえって感じです。
    まずはこの落ち葉集めから始まります。
    落ち葉を一通り集め終わると、今度はこびりついた土が・・・こいつは一筋縄では綺麗になりません。以前は、シャワーで水をかけて柔らかくなった所をほうきで掃いていたのです。これは結構重労働・・・つかれる・・・
    で、秘密兵器の出番
    高圧洗浄機ケルヒャー
    威力は抜群です。
    みるみる綺麗になっていきます。ベランダクリーナーというアダプターを付けると良い感じ。
    ケルヒャー効果が下の写真
    でも、疲れます。ケルヒャーのガン部分のトリガーをずっと握り続けておかないといけないのでこれが、結構、力が必要で・・・疲れる。是非とも固定できるようにしたいモノです。ちょっと考えよう・・・
    しかし、ケルヒャーのおかげでかなりの時短になってます。作業効率も抜群
    セランガンバツ材はアイアンウッドなのですのこ1枚もそれなりに重い・・・
    しかし、順番にやっていくしかない・・・
    まぁ==半日仕事って感じです。
    綺麗になるので満足度は高いかなぁ
    でも、テラスのすのこが分解できない構造だったら絶望的ですね・・・掃除しようがないもの
    か、テラスを設置する場合はすのこ状じゃなくてピッチリと敷き詰めるか・・・
    今回は、セランガンバツの表面にキシラデコールも塗ってあげようと思っているのでさらに、テラスの表面も念入りにケルヒャーで綺麗にしてみました。
    ケルヒャーの威力が半端ないのか・・・古いキシラデコールの表面もケルヒャーである程度はぎ取ることが出来ます。
    (下の写真)
    ねっ、表面の塗料が剥げ落ちているのが分かるかと思います。
    今週末はここまでの作業で一旦完了
    十分乾かして次の週末でキシラデコール塗り塗り大作戦でテラス清掃完了かなぁ〜〜〜
    いやぁ〜〜腰と腕が・・・パンパンだわ・・・
    しかし、水圧パワーって凄いと再認識
    屋根の掃除はだいたい毎年この時期定期的に行うように心がけてます。
    やるぞ〜〜って気合いは必要ですが・・・
    セランガンバツへの塗装は今回で2回目なので大体、3〜4年に1回な割合かなぁ〜〜
    シマトネリコの鉢植え
    1階に下ろそうかなぁ〜〜
    テラスが殺風景になってしまうかなぁ〜〜
    Step-Houseの表側には地植えのシマトネリコもあります。こちらはもっともじゃもじゃに育ったいます。
    鉢植えのこのシマトネリコは幾度となく瀕死の状態を乗り越えてこの状態。
    鉢植えは水やりをちょっと忘れるとカラッカラになってしまい・・・
    あっという間に落葉地獄・・・に・・・
    やっぱり樹は地植えかなぁ〜〜っと思ってます。
    非常に疲れたの図
    まぁ〜出来上がって使ってみて年数経過して
    始めて分かることはいろいろとあります。
    思ってたとおりになることもあれば、思ってようにはならないこともあります。
    そこは、また工夫していければとおもってる次第
    Step-Houseにはまた新たな課題も出現してます。
    それは、また別の記事で
    詳しく記録しておきたいと思ってます。
    まぁ〜完成した後も、楽しまないとね・・・

    スポンサーサイト

    2018.06.18 Monday

    0
      関連する記事
      コメント
      コメントする
      トラックバック
      この記事のトラックバックURL