スポンサーサイト

2020.01.03 Friday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    奈良へ帰省

    2020.01.03 Friday

    0

       

      年末年始はオカンと奈良の実家で・・・

      年末年始はStep-Houseで過ごすのが常だったのだが、今回は奈良で越してみた。

      この時期に帰るのはほとんど無かったので・・・

       

      盆地は流石に冷えるねぇ〜〜

      おまけに築90年超えのいえは

      とにかく寒い

      寒すぎる

       

      大晦日の夜、ゆく年くる年を観てから百済寺へ徒歩で行ってみた。

      村の総代さんからお神酒を頂いてお祈りして帰ってきました。

       

      初詣は橿原神宮

       

      キ〜ンと冷えた空気がいい感じ

       

      帰路は渋滞に巻き込まれるだろなぁ

       

       

      まっ、オカンと正月を過ごせたので良しとしましょう。

       

       

      ベントラはオルタネータ交換以来、放電、充電ともに調子いい感じでマル

      メイン、サブともにきちんと充電されているようだわ。

      残るは、フロントウィンドウの飛び石のクラックか。。。。

      この寒い時期のベバストヒーターの威力には感謝

      ほんま、暖かい

       

       

       

       

       

      TOTO混合水栓

      2019.12.14 Saturday

      0

         

        Step House 10年目の修理ログ

        お風呂場の水栓からポタポタと水が漏れるようになってきた。

        一晩で洗面器一杯ぐらいが溜まる量

         

        止まるときもあれば、ポタポタのときもあればって感じ

        パッキン系かと思い部品交換しようかと思って色々探ってみたが・・・

        このTOTO混合栓ちょっと複雑な構造みたい

        パッと観

        まず、外し方が分からい
        TOTOを検索して図面とパーツリストを入手
        こりゃぁ〜ちょっとお手上げかと言うことでTOTOのサービスに問い合わせをメール
        右側のハンドルを外せが色々なパーツが外せるようになる感じ
        TOTOからはすぐに連絡があり
        一度点検に来ると言うことで
        水栓の品番をお知らせしておいた
        TOTOサービスから点検に来て
        ハンドルを外すため、まずは水栓の元を止める(青の矢印の栓をマイナスドライバーで温水、水をとめる)
        レバーを倒しても水が出ないことを確認すること
        で、メインの水栓
        右端のところに小さい六角穴ボルトで固定されているようです。(赤の矢印のヤツ)
        で、ここで問題発生
        10年経過した水栓
        この小さいボルト
        完全に固着してしまっているようです。
        TOTOサービスマンが格闘すること30分
        どうしても外れないと・・・
        六角穴をナメてしまっている
        このボルトを外さないことには水栓が全くバラせないらしい
        で、再度出直させてほしいと言うことで一旦本日の作業は終了
        水漏れはそのまま
        TOTOの来訪を待つことに・・・
        私もボルトを観てみたが、確かに固着している
        M2.5の小さいネジだし中に埋まってしまっているので頭をネジザウルスで掴む事も出来ない
        八方塞がりの状態だわ
        たしかに
        で、検索して潰れた六角穴を無理やり作ってくれる工具をベッセルで発見
        こいつとインパクトドライバーあれば無理やり回せるのではと思った次第
        ブルーの工具が六角穴を再生してくれる工具
        右端がインパクトドライバー
        装着してプラハンマーでガツンと叩いてあげたところあっけなくネジが回った
        な〜んや
        外れるやんって感じ
        普通知ってやろこんな工具
        っと、思うのだが
        で、1ヶ月ぐらい経過下辺りでTOTOから連絡
        パーツが揃ったので再度来ると
        そのときに、
        「あの、ボルト外れましたよ。」っと告げてあげた
        「えっ、どうやって外されたのですか?」
        ハンドルとか傷つきませんでしたか?」
        っと、
        無傷で外せましたっと
        で、TOTOサービスマンが来て
        中のパッキンらしきパーツを交換して水漏れは無事に止まりました。
        例のネジも交換
        ちょっと低頭のネジです。TOTO専用品なのかなぁ
        TOTOサービスマンの作業を観たので今度はパーツだけ取り寄せれば交換は出来るかなぁ〜〜
        パーツ代は3000円ほど
        出張費と作業費などなどで合計1万円ほどの出費となりました。

        10年経過すると色々

        あちこちが老朽化し始めてくるかなぁっと

        給湯器関連が怖いですよね

        Step-Houseはダイキン エコキュートを採用してます。

         

        それなりの出費になりそうで・・・

         

         

        ベンツトラック(ベントラ)316CDI 15年目

        2019.11.09 Saturday

        0

           

           

           

          自転車はこんな感じで後部に前輪外して立てて収納可能

          進行方向に対してこうやって立てるのが安定しいます。以前は横向きに立ててたこともあるのだがカーブ等で振られるより、発進、ブレーキで前後に振られる方が多いとわかったのでこれで落ちつています。タイダウンベルトで軽く下に押し付けてます。

           

          2004年製316CDI 15年目ですね。

          あちこち経年劣化で不具合もあるのだが、燃費もそこそこ良いしそれなりにスピードもでるし、ディーゼルなのでトルクフルなので満足しています。乗り心地的にはトラックだから諦めもできる。
          それよりもなんでも積めて道の駅等で熟睡できるので良しと・・・
          真夏だけは無理ですが・・・
          オルタネーター交換で発電・充電ともに安定してきたし、DC-DCPower Tite充電器導入でメイン、サブバッテリーもちゃんと充電できるようになりました。
          車内は15年目で下の写真のようにゴチャゴチャになってきた。
          床は奈良実家にあった廃材(雨戸)の杉板を貼り込んでました。
          戸棚、ベッドの壁には合板の上から杉突板を貼り込んでます。
          あとは、タカラ塗料さんで仕入れたコンクリートエフェクトペイントやお気に入りのブラックスケールメタリックでアイジング塗装しちゃってます。
          みぎ奥のところが、2段ベッドになっているのだが、上段ベッドは高さが厳しく寝ることは出来るが、起き上がるときが厳しいので、上段は物置に・・・
          就寝は下段が高さも確保されていて快適です。
          囲まれてる感じなので熟睡できます。
          窓が空いていても外からも視界が遮られる感じです。
          正面のスパナ
          これがわたしのお気入り
          アメリカの農耕機用のインチスパナの年代モン
          このS字カーブの形状がお気に入り
          これも、廃材の杉板を合わせてオブジェ化してみました。
          エンゲルの12V冷蔵庫(当時最もポピュラーなヤツ)
          エイジング塗装でこんな感じに仕上げてしまいました。扉の中は真っ白で清潔ですよ・・・(笑)
          ついつい、こんな感じの錆錆エイジング塗装をしてしまうわけです。
          それもちょっとやりすぎかなぁ
          それなりに引っ掻いたりして傷ついてきてもそれがまたいい味になるし・・・
          このカウンターボードももとは化粧合板だったのだが、こちらはコンクリートエフェクトペイントでコンクリート壁っぽく仕上げてみました。
          まっ、クルマの内装でペイントの実験をしている感じかしら??
          スイッチ系、バッテリーメーター、コンセントもエイジング塗装っす
          変えたければまた塗り直せば良いわけだしね・・・
          ってな感じ
          子供、嫁のウケはかなり悪いけど・・・
          私は想定通りの仕上がりで気に入ってます。
          運転席側はこんな感じです。
          やっぱり荷物が多いなぁ
          そろそろ整理断舎離しないと・・・
          運転席裏側にあるテーブルも表面を一旦剥がして杉板の突板を貼り込んでます。天然木のいい感じ仕上がってます。
          蛍光灯の車内灯が付いていたのだが、LEDの物に換装しました。
          色が白なので。。。本当は暖色系のLEDにしたかったのだが・・・
          また探します。
          とりあえずは、消費電力を抑えるべくLEDに
          台座はこれまた、実家にあった廃材を利用
          収納庫の扉も化粧合板の上から突板を貼り込んで上からブライワックスでエイジング仕上げ
          エンゲル冷蔵庫のエイジング塗装のアップ
          コンクリートエフェクトペイントのアップ
          こんな感じで仕上げてます。
          全然、難しくなく楽しく塗れますよ・・・
          どちらかと言うとベタ無塗でむら無くきっちり塗るほうが難しいと思います。
          つや消し塗料は簡単です。
          乾けばムラは気にならなくなる。
          おまけに上から汚し塗装するしね・・・
          後部荷室への扉等も水性塗料を刷毛で塗ってます。
          こちは、タカラ塗料さんの存在を知らない時期だったので・・・
          多分、バターミルクペイントのブリティッシュグリーン
          だったかな
          扉にかかっているグリーンはセリアのフェイクグリーンを色々とつなぎ合わせてます。
          まぁ〜それなりに・・・・
          電子レンジは当初から付いていたのだが
          ほぼ稼働率ゼロに近い
          電気食うし
          最近はコンビニで温めも出来るしね
          いらないかもね
          窓のアクリル2重窓はスグレモノだと思う
          2重窓なので断熱効果あるし、遮光シェードと網戸も内蔵されているので快適です。
          窓は、片側のみの引き戸です。
          もうひとつのお気に入り
          このコールマンのランタン
          もとは蛍光灯ランタンで見るからにプラスチックボディーのランタンでございます的な体だったのです。(セールで安かったし)
          こちらも分解しながらエイジング塗装を・・・
          金属感を出しながら経年変化感も・・・
          ホヤガラスもプラの透明だったのですりガラスにしてやりました。
          結構、柔らかい光でどっしり感のあるランタンになりました。
          この室内灯で十分かも・・・
          12V化したのでクルマのバッテリーでOK
          S字スパナといい感じでしょう・・・
          まっ、15年間乗り続けてこんな感じのベントラ
          今となっては、家族は誰も乗らなくなってしまっているので
          私一人の移動ハウスと化してます。
          それは、それで面白い
          小さい家です。
          夜のうちに移動して現地で寝て
          起きて行動して食べて
          移動して
          そんな旅をしてみたいかなぁ〜〜っと
          ここ最近はベントラで奈良実家へ年間3往復が定例かな
          有給をうまく利用して行動範囲を広げたいところである。
          来年のラリーニッポンは北海道らしいので応援と理由をつけてベントラ北海道の旅を実現したいところである。
          実家で
          弟のCH-R、弟嫁のN-BOXを乗せてもらったが最近のクルマの楽チン仕様には驚かされる。乗り心地の良いしねぇ
          でも、今のところは、まだまだベントラに乗り続ける予定です。
          Kの新車なんか驚きの価格だしね・・・

          奈良の実家 90年

          2019.11.05 Tuesday

          0

             

             

             

            奈良の実家

            以前も書いたかも

            とにかく古いのです。多分90年ぐらい経っていると思われる。

            時代変化とともにあちこち修理したり、改修したり、増改築を繰り返しているわけです。
            家自体の骨格や母屋はほぼオリジナルのまま
            座敷や茶の間の引違いの窓や戸は私が小さい頃は当然木製の建具の窓だったのだが・・・ばあちゃんが亡くなっってから親父が全てアルミサッシに入れかを行った。
            隙間風が入らなくなり立て付けもしっかりして良かったのだが趣がなくなってしまった・・・・
            その中でもオリジナルが残っている窓を今回アップしてみた。
            上の写真は天窓部分に嵌められた窓
            一見普通のすりガラスっぽく見えるのだが、近づいてみると細かい模様の細工が入ったガラスがはめられていることに気づくわけです。
            こんなガラス今は作ってないのだろなぁ〜〜っと
            下の写真は、昔のトイレの引き戸にはめられている窓
            こちらのガラスも細かい仕事が伺える
            っと、実家をよく見ると普段気になっていないところに時代を感じさせるモノが潜んでいるわけです。
            でも、断熱も気密も全く無い家は住むには辛いのよねぇ
            趣はあって良いのだが・・・
            この趣を残したままもう少し快適に住めるように出来ないかなぁ?
            今になってこの百済の実家が好きになりつつある。
            今日このごろだったりする
            弟夫婦が実家に帰ってきたのだが、母屋には住まず、裏庭側に新築の快適一軒家を建てた
            まぁ住んで暮らすにはそちらのほうが快適であることは確かなのだが・・・・
            この母屋が朽ちていくのはなぁ
            っと、思うのと暮らすのはやっぱり違うかなっぁ・・・
            DIYでやれる範囲というか家自体がでかすぎるのよねぇ

            ちょっと奈良帰省

            2019.11.03 Sunday

            0

               

              有給休暇を消化するため・・・

              寒〜〜〜く冷え込む前に奈良へ

              ベントラの調子も確認したいしって事で奈良にいつものコースで帰省

               

              昼間は暖かいが、夜は冷えてくる

              断熱皆無の家は辛い

               

              時間を作って唐招提寺へ行ってきた。

              ベントらに自転車を積んでいるので唐招提寺の駐車場からは自転車で平城宮軽油で奈良公園までポタリング

              秋晴れの天気で自転車こいでいると暑いぐらい

              でも、汗だくになるほどでもなく快適なポタリング日和

               

              唐招提寺は癒やされますね

              興福寺、奈良公園はやっぱり人が多いしね・・・

              唐招提寺ー奈良公園

              自転車なら30分ぐらいの距離です。

              こりゃいいわ

               

              ベントラも夏のオルタネター交換で充電関連は問題なし

              運転席パワーウィンドウも問題なく開閉できている

               

              残った懸念はフロントウィンドウの東名高速で飛び石で大きなヒビ

              こればかりはDIYで治せる範囲外なのでどこかの修理工場でフロントウィンドウを交換してもらうしかなさそうである。

              それなりの出費になるだろうなぁ

               

              11月で

              もう今年もあと2ヶ月なんっすね・・・

               

               

               

               

               

               

               

              カフェメニュー

              2019.11.01 Friday

              0

                 

                 

                Thought-FATORY Cafe メニュー

                チョコチップ・ガリガリスコーン

                栗とラムレーズ・ンマフィン

                 

                ガリガリスコーン

                なんとなくいい感じに焼けてコツが分かってきた

                ザラメがポイントみたい

                 

                チョコチップ・ガリガリスコーン

                 

                 材料

                ・ザラメ 40g

                ・薄力粉 100g

                ・強力粉 100g

                ・ベーキングパウダー 10g

                ・オリーブオイル 50cc

                ・牛乳 100cc

                ・チョコチップ 適量

                 

                1.粉ものをボウルに入れて混ぜる

                2.チョコチップも入れて混ぜる

                3.オイルと牛乳を入れてまぜる

                4.まとまったらボウルから取り出しまな板の上に移動

                5.潰して厚さ3センチぐらいに伸ばす

                6.包丁で8等分に切る。切り口は触らない

                9.オーブン 200度 20分

                 

                出来上がり

                 

                マフィンの栗は甘栗むいちゃいましたの栗をつかってみた。

                ラムレーズンはメイヤーズラムに漬け込んで忘れされていた1年もののレーズン

                これが、旨い

                レーズンが安いときに買って、食べきれない奴らはラムに漬け込むとグッドです。

                お酒のお供にもいい感じ

                ラムレーズンとチーズとチョコ

                 

                ウィスキーロックと共に・・・

                 

                 

                八丁堀にあるカフェ

                2F Cafe

                ここのガリガリスコーンが美味しいのだ

                私のはまだまだガリガリ度が足りない

                さらにここのマフィンも美味しいらしいのだがまだありつけていない

                このあいだ行ったらマフィン売り切れ・・・

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                Miele食洗機

                2019.10.31 Thursday

                0

                   

                   

                  Step-Houseのキッチンにはミーレの食洗機を導入してます。

                  これは、最初からのちょっとこだわりの一品

                  パナの45センチと同じ幅なのに容量がぜんぜん違うし、使い勝手が断然良いのです。

                  Step-Houseの食洗機も幅は45センチ

                   

                  ミーレはドイツのメーカー

                  今は結構お高い高級品となっているのだが、当時はちょっと高いぐらいだったのです。よ・・・

                  今井キッチンさんに取り付けてもらいました。キッチン周りは全て今井キッチンデザインの今井さんに設計施工をお願いしたのです。

                   

                  パナ等の引き出し式では無く

                  全体が全面にガバっと開くわけです。

                  で、中のトレーがそのまま取り出せるようになっているわけです。

                  引き出し式は何かと詰め込むのが大変な気がする。のだが、ミーレの場合はバンバン掘り込めばOKってな感じ

                  便利でしょ

                   

                   

                  で、約10年経過

                  ミーレ・ジャパンから定期点検の案内が来たのが2ヶ月ほど前

                  点検費用20,000円

                  高いなぁっっと思ったが、毎日使うものだしちゃんと観てもらおうと言うことで点検をお願いしました。

                   

                  で、結果はトリプルフィルターが経年劣化しているので交換します。

                  樹脂製の網がついたパーツが破れていたので・・・

                   

                  で、このフィルターがそれ以外のパーツも含めて一式パーツで何と・・・

                  15、000円ですと・・・

                  ちょっと高すぎるなぁ〜〜

                  っと、おもったのだが、しょうがない

                  ミーレ・ジャパンでしか売っていない

                   

                  届いたパーツが下記の3点セットです。

                  樹脂製の籠だけで良いのになぁっと・・・

                   

                  結局

                  点検料、出張料、部品代、送料

                  で、47,300円

                  ちょっと痛い・・・出費でした。

                   

                  でも、ミーレさん好きですね

                  これからも頑張って洗ってもらいましょう

                   

                   

                   

                   

                  ベントラ パワーウィンドウ修理

                  2019.10.29 Tuesday

                  0

                     

                     

                     

                    ベントラのパワーウィンドウをDIYで修理

                     

                    構造を観たところアームとレールの間にあった樹脂パーツが経年劣化で破損しウィンドウガラスとアームが外れてウィンドウが動かなくなったようだ
                    スイッチを押すとモーターは動いてアームも動くので問題ないようだ
                    しかし、このレールとアームとモーターとギアはすべてフレームにリベットみたいな感じでカシメられて固定されている
                    よって、メルセデスとしてはASSY交換となるようだ。
                    安ければASSY交換もするが、なんとパーツ代が5万円ということなので・・・躊躇
                    したがって、同じような機能をEリングとパイプで代用してみた。
                    費用はEリング代300円
                    樹脂パーツの代わりにEリングでレールに這わせることに
                    何故、Eリングかと言うとアームに固定されているピンもカシメて固定されているので普通のリングを通せない
                    よって、Eリングで横側からピンに入れて幅を細めてピンに固定
                    Eリングが浮くのでパイプで支えた感じです。
                    パイプはエアーツール用のウレタンパイプで代用
                    パワーウィンドウASSYのパーツが固定されているフレームがヘキサのボルトで留まっているのだが、これがネジロックでガッチリ固定されているのでもう回らないのよねぇ固くて
                    無理やり回してとってやった
                    Eリングをレールに添わせてからASSYパーツをドアに再度固定
                    スイッチを入れて動くことを確認
                    あとは、もとに戻すだけ
                    レール周りにはたっぷりとグリスを補給してやった
                    レールからEリングが外れなければ多分大丈夫だと思われる
                    多分、大丈夫でしょ・・・
                    それにしても、さすがトラックベース大雑把な作りだわ
                    もうちょっとなんとか考えてもらいたいところかな?

                    台風一過 ベントラ

                    2019.10.15 Tuesday

                    0

                       

                      各地で甚大な被害が出てしまった台風

                      松戸の猛烈な雨と風・・・

                      Step-Houseもベントラもなんとか持ち堪えてくれました。

                       

                      江戸川も見たこと無いほどの大河になっていましたが持ち堪えたようです。

                       

                      で、ベントラの運転席ウインドウ

                      まずは、内張りの剥がし作業から

                      ベントらドクターに確認したところ

                      ハンドル部のカバーを外しネジを2本外す

                      後は内張りのパネルがごっそりと外れるらしい

                       

                      で、カバーを外してネジを外そうとしたら

                      やっぱりトルクスのネジ

                      車載工具のトルクスドライバーはT25でスカスカ

                      T27か30??

                      手持ちに無し

                       

                      近所のホームセンターに自転車で買い出し

                      T25、T27、T30をまとめて購入

                      ベントラ乗るのなら常設していて問題ないでしょう・・・

                       

                      なんとか内張りを剥がした図が上の写真です。

                      見事にウィンドウガラスが一番下に落下してます。

                       

                      斜めに伸びているのがパワーウィンドウのアーム部

                      このアームとウィンドウが連結されているわけだが、外れてウィンドウが落ち込んでしまってます。

                       

                      このウィンドウを持ち上げるのがまた結構大変だっだったりします。手を入れる隙間が限られているので・・・・

                       

                      ウィンドウの底部にアームと連結するためのレールがくっ付いているのです。

                      レールはカーテンレールがゴツくなったようなもの

                      そのレールの中に駒がアームと連結されて動くと言う仕組みみたい

                       

                      その駒が樹脂製で真っ二つに割れてしまってました。

                      こいつの破損が原因のようです。

                      下の写真のグリスまみれのパーツがその樹脂パーツ

                       

                      要はカーテンレールの駒と同じような機能

                      これは交換できるように設計しておくべきだったのではメルセデス・ベンツさん

                      この部品が壊れるということはギア、モーターも劣化しているので一式交換ってこのなのかしら・・・

                       

                      で、問題はレールとこの樹脂パーツの駒はアルミのピンでカシメて固定されていたよう・・・

                       

                      よって、この樹脂パーツのみの交換ができない構造のようなのだ

                      ベントラドクターもモータ含めたASSY交換となるという理由は個々にあるのだなっと

                      パワーウィンドウ レギュレーターASSYで50,000JPYだそうで・・・

                      この樹脂パーツのために5万円は払いたくない

                       

                      って、ことでDIYで直す方法を模索中

                       

                      要はレールとアームを連結してあげれば良いわけで・・・

                       

                      海外のサイトにもこんな手荒な方法も載っていた

                      構造を知っただけに理解はできます。が、この手荒な真似はやめておこうかな?

                       

                      とりあえず、全閉状態でアームを連結させ固定してまずは完了

                      パワーウィンドウのスイッチはあえて付けるのを辞めた。

                      間違って押すとまた落ちてしまうので・・・

                       

                      連結方法を考えてまた修理する予定

                       

                      今回のところはここまで

                      いかにも窓割れてます状態からは脱出

                       

                       

                       

                       

                       

                      台風通過前

                      2019.10.12 Saturday

                      0

                         

                        台風通過前の前日

                        トラックに軽油を補給しておこうとスタンドに行ったが流石にどこも閉まっていた・・・

                        やっぱり

                         

                        帰ってきてクルマを止めようと運転席の窓を開けたところ

                        「ガタン」っと音が

                        何か分からなかったのだが・・・

                        窓を閉めようとパワーウインドウのスイッチを押しても窓が上がってこない

                        「ありゃ??」

                        上げても閉めてもダメ

                        隙間から懐中電灯を当てて観てみたところ

                        窓ガラスがドアポケットの下の方に落ち込んでいるのが見える

                        何かかが経年劣化で破損した模様

                         

                        今夜から雨

                        明日は台風通過

                        ヤバい

                         

                        ってことで、緊急億級処置した結果が写真

                        これで耐えてくれるかしら

                         

                         

                        夜半にベントラドクターにメッセージして聞いてみたところ

                        ウィンドウレギュレーターの樹脂パーツが破損している可能性大だと

                        さらにこのパーツ

                        ASSY交換しかパーツが取れないとのこと

                         

                        ヤバいやんか・・・ASSYって結構なお値段のような感じ

                         

                        台風通過を祈って

                        ドア内張りを剥がして確認するしかないかなぁ??

                        近所の修理工場で観てくれるかなぁ

                         

                        15年も経過すると樹脂パーツの経年劣化が激しくなってくるわけね

                         

                         

                        厳しい・・・

                        実は、前回の奈良往復時に東名で飛び石

                        フロンドシールドもヒビが・・・

                        こちらは交換以外方法がなさそうで出費大確定なのだが・・・

                         

                        とりあえず、クルマは後ろ前逆に車庫に入れて風雨を避けたみた

                        耐えてほしいところ・・・

                        で、ある。