ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2016.10.04 Tuesday

Ducati Monster 400 modified

週末、ようやく晴れ間も見えたのでバイクに跨がって走ろうかとバイクを出したところ・・・

フロントブレーキ&油圧クラッチにエアーが混入しているようでスカスカ状態
何とかブレーキはかかるがスピードを出してからの急制動には耐えられないみたいな感じ
ギュッと握ってもべったりと握れてしまう。
空燃費を調整したので始動は良くなった・・・
ギアを1速に入れても何となく半クラッチ状態
こりゃ〜危険と思いゆっくりと越谷のスリーエーへ・・・
エアー抜きをしてもらって話し込んでいたら夕方近くになってしまったので越谷からそのまま4号線で上野経由浅草へ到着
結局、いつもの浅草に来てしまいました。
Thought-FACTORYにバイクで来るのは始めてかも・・・
ミニと絵になったかなぁ〜〜
寒くなる前には房総方面に行っておきたいのだが・・・
叶うか
今週末はマスター
来週末は浅草A-ROUND
11月かなぁ〜〜
今年は週末ごとに天気がよろしくない

保存保存

保存保存

2016.01.01 Friday

2016

今あ
年け
もま
よし
ろて
しお
くめ
おで
願と
いう
いご
たざ
しい
まま
すす
2015.12.17 Thursday

本棚にお酒


1Fガレージ部屋の本棚にはお酒がちょっと並んでます。
左から「響」「電気ブラン」「カルバドス」「Limoncello」
今宵は「響」で大阪のGOLDEN SENIOR TORIOのJAZZを聴きながら・・・
くつろいでみた。

この「響」は、奈良の蔵の中に20数年は眠っていたモノを発掘してきた。

旨いかも・・・


響の左はJOHN LENNONのレコードジャケットだわ
12月はジョンも聴かないと・・・


 
2015.08.31 Monday

アイアン塗料


アイアン塗料というちょっとそそられる塗料を調達してみた。
その名前の通りなんでも金属質感に塗装できてしまうという塗料

お試しの80ccを買ってみて・・・お試し部材はバイクヘルメット
ドカ用のicon Variant と言うモデル。円高の時代にUSAより個人輸入してみた。

このヘルメットのデカいプラスチックバイザーに試してみました。
バイザーなのでちょっと柔らかめの塩ビ系かな?の材質なのでまずはミッチャクロンで下地を塗ってからアイアン塗料を塗ってみた。

この塗料、パール含有塗料なので乾いた後に塗装表面を擦って磨いてあげることでこのように深みのある光沢が現れてきます。
良い感じに仕上がったのでは・・・

木製の扉なんかにも塗ると鉄扉に変身擦る感じです。

ちょっと錆を入れてエイジングさせてやるとさらに良さそうな感じになりそうです。
面白い塗料を発見しました。








 
2015.08.18 Tuesday

突き板


我が家のベンツトラック
10年目です。距離は恥ずかしいぐらいしか乗れていない・・・あれだけ奈良往復しているのになぁ〜〜
内装はほぼ化粧合板・・・表面に木目がプリントされた合板
この合板がどうも気に入らなくなってきた。
10年経っても経年変化しないしね・・・やっぱり・・・

って、事で50年ぐらい経年変化したようにしてみた。
使った材料は「突き板」という薄板
今回はパイン材
どの位薄いかと言うとだいたい厚み0.4mm程度しか無い・・・しかし、天然の板なのです。ようするにカンナで板を削いだような材料なのです。その薄板の裏に和紙を貼って、さらに両面テープが貼られたモノを調達してみた。
「突き板」で検索すると結構出てくる・・・が、なかなか一般消費者相手に販売しているところが少ない

今回どんなモノか?も試す予定で買ってみた。

施工した場所は上の写真のオーバーヘッド部分に在るモノ入れての扉
こいつに貼って、さらにちょいとエイジング加工してみた。

突き板は下の写真のようなシートが丸められた状態で到着
これをまずは70mmの幅でカット
薄いのでハサミでもカッターでも簡単に切ることができます。
その突き板を順番に貼っていった
今回は板目模様を買ってみた。順番は別に気にせず適当に貼り込んだ・・・
貼り込んだ上からローラー(壁紙貼り用)でよく押さえて・・・

その後は、ステインを布に付けて適当に塗り込み・・・ところ何処とわざとヤスリで傷つけたりもしながら・・・薄いのでそんなに深くはえぐれませんが・・・

仕上げはブライワックを塗り込んでおしまい。

どうでしょう・・・
結構良い感じに仕上がったかなぁっと思ってます。
はまりそうな予感

当分このクルマの内装で遊べそうです。












 
2014.11.17 Monday

車検


メルセデス・パネルバンの車検の時期となり
いつもの東雲の三菱ふそうトラック・バスへ・・・

いつもながらでかい工場です。
周りは当然のごとくトラックとバスばかり
預けてきました。

出来上がりは何事もなければ水曜日ぐらいだと
オイルとフィルターの交換をお願いしておきました。
ちょうど10年です。
このクルマ
まだまだ乗り続ける予定



 
2014.08.17 Sunday

夏バイク



夏バイク
久しぶりの赤SR595
エアコンの効いたガレージ部屋から真夏の炎天下に放り出した
ミラーの位置とハンドルを確認
ハンドルは先日、スリーエーでトマゼリに換装してようやく、ハンドル、バックステップとシートの位置関係がフィットした
ドカばっかりに乗っていたのでセパハンポジションに慣れてきたのが正直なところ

キーを差し込み、ステップを折り曲げ、キックスターターで上死点の位置を確認し、デコンプレバーを引きピストン位置をちょいとずらして、後は一気に踏み込む・・・1回、2回、3回
エンジンが真夏の日差しの中目覚める
FCR38から真夏の空気とガソリンの混合気を単気筒のシリンダーに負圧で一気に押し込む
押し込まれたガソリンはキックスターターからクランクを経てピストンを上死点に押し上げ、圧縮した混合気にスパークプラグで点火して爆発そして燃えつきたガスは排気バルブからエキゾーストパイプを経てスーパートラップマフラーから吐き出される

エンジンを暖機している間に人間の方もツーリング仕様に

今回はTシャツにリーバイスのブラックスリムジーンズとダナーのワークブーツ
パッド入りのメッシュライダースを羽織り、袖口とメインのジッパーをあげるともう汗が滲み出してくる
レイバンのサングラスをとり、まずはARAIのジェットヘルメットをかぶりレイバンのサングラスを付ける
カメラ等の荷物はマウンテンスミスのツアーデイズに詰め込みウエストベルトをメインに固定してしてショルダーストラップは気持ち肩に掛かる程度に・・・
革メッシュのグローブを付けてバイクにまたがる
真夏の日差しが容赦なく体中を暖める

軽くアクセルをひねってレーシング
単気筒特有の排気リズムが・・・刻まれる
サイドスタンドを外し、クラッチレバー握り込みシフトレバーを1速に踏み込む
アクセルをちょっとひねりながらクラッチレバーを緩めると赤いSRはスルスルと発進
ヘルメットバイザーを下ろし
2速にシフトチェンジ

真夏の流山街道を松戸にそこから市川を抜けてまずは京葉道路市川インターから館山を目指す・・・




 
続きを読む >>
2014.07.16 Wednesday

SR595 vs Ducati400



SR595とDucati 400の差
今まで原付から250と色々と乗ってきたのだがず〜っと単気筒OHCエンジンのバイクだけだった。
友人のRZとかガンマとかCB400、Z400 とかには乗せてもらったことがあるが・・・
身体で覚えているのは単気筒の感じ
SRも最初は当然400であり、250からのステップアップとしては満足していた
その後500に変更し現在は595をずっと乗り続けていており身体が595単気筒に慣れていた。

今回、Ducati Monster400を譲り受けて始めてLツインエンジン、デスモドロミック・・・当然よく回るわけで高回転に結構感動していた。しかし、トルク感がちょっとなぁ〜っと思ったりしていたのだが、SR595と比べるのはやっぱり酷だった。

スリーエーで調整も兼ねてDynojetで測定してもらった結果、グラフは体感したままを表していました。低中速でトルク感モリモリのSRと6000rpm以降でようやくトルクとパワーが出てくるDucati400
SRじゃぁ3000〜5000rpmぐらいが心地よいのだが、Ducatiはさらに上の回転数から・・・
回しきって乗っている感はドカ・・・しかし、何か疲れる・・・五月蠅い・・・
のんびり走ってもモリモリなのがSR
って事で、このSR595はよく出来ているなぁ〜っと改めて感じた次第・・・
サスの動きなんかはやっぱり新しいドカティなんですよねぇ
SRのサスにもっとつぎ込んでよくしてあげた方が良かったのかなぁ〜っと感じた次第
わたし的には、やっぱりSRが性に合っている気がします。低回転からのトルクモリモリ感が好きだなぁ〜〜でもたまには高回転まで回して乗れるドカも面白い
この2台持ちは良い取り合わせなのかもなのかも知れません。
贅沢者ですね2台もバイクを所有するのは・・・

限定解除も検討したのだが、私が限定解除をするときっとSRを手放してリッターバイクを買ってしまうのが分かるわけで・・・SRに乗り続けるために中型限定で縛ってます。って、595なんですけどね・・・

まぁ〜改めて思ったのはこのSR595良いねって事
キックスターターが踏み下ろせるまで乗り続けてあげようかと思ってます。
年間に乗っている距離も時間もどんどん短くなっている気もしますが、気持ちの切替にもバイクは良いなぁ〜っと・・・

で、Dynojetの測定結果を貼ってみました。
回転数で表示すると2台の性格が全く違うのでグラフが変なことになってしまいます。よって、横軸には速度見合いでパワーとトルクの曲線を・・・
ドカはまだ調整中なのでまだもう少し伸びると思うのだが、SRとの線形比較は同じ形状だと思います。SRは低速から一気に最大トルク、最大パワーに、方やドカティは回転数が上がってくる後半に伸びてきて両者共に最大トルク、パワー共にあまり変わらない・・・
しかし、運転してみると全く感じ方が違ってきます。おもしろい・・・




2014.07.14 Monday

SRドックイン


最近、調子を見るためにもDucatiばっかり乗っていたので、久しぶりにSRに乗ってみた。
L型ツイン400ccのドカと単気筒の595ccのSR
やっぱり、SRのトルク感は良いなぁ〜っと改めて思った次第。
ドカの高回転までまわる感じが面白いなぁっと思っていたが、やっぱりSRだなと・・・このトルク感と低中速の感じが実に良い
400のドカに期待しすぎた感があったのは事実なのだが、595のSRは実に良いわ
このあたりの2車の違いはDYNOJETの測定結果らも明らかになりました。
この辺りはまた次回に解説を…

しかし、久しぶりにSRに乗ってみて・・・ありゃ?フロントブレーキの効きが悪い・・・止まらん・・・
こんな感じだっけ?
確かにギュッと握りしめれば止まるのだが、効き始めが・・・あれって感じ?
ドカのフロントブレーキに慣れてしまったから?
SRのブレーキってこんなに効き悪かったっけ?

早々にスリーエーに行って見てもらったところ
ローターが減っているとのこと
確かに15〜20年は経過しているからなぁ〜
ローターの交換とシューの交換とブレーキオイルの交換を依頼
ついでに、ドカに乗り慣れてきたのでSRも再度、セパハン化・・・ドカと同じトマゼリのハンドルに変更します。今のうちだからねセパハンに乗れるのも(歳がね)・・・私のSRの車検証上はちゃんとセパハンに変更されているのです。気化器(FCR)も変更届済みです。

って事で、SRがドックインしてしまったので、ガレージ部屋にはモールトンの自転車だけとなってしまいました。
2014.01.05 Sunday

macintosh



ずっとMacbook Air2010モデルを使用していたのだが・・・
私の不注意で2度ほど爽健美茶と綾鷹を飲ませてしまった・・・
キーボードカバーをしていたのだが・・・効果が追いつかず
最近、キートップのとおり文字が打てない状態に・・・Windowsのキーボードをつないで使っていたのだが、どうもねぇ・・・

修理に出すか?Apple Careに入っておけばよかったのか?

いろいろと考えた結果、新しいMacを購入することに
MacBook Air、MacBook Pro、iMacと検討したがまたお茶を溢すことを考えてiMacに・・・21inchモデルにしました。
BTOでディスプレースタンドの無いタイプを選んでディスプレイアームをアマゾンで・・・
このディスプレイアームもしっかりしたアルミ素材で良い感じです。
12月に届いてはいたがセットアップする時間が無く年末年始を使ってセットアップとデータ移行を・・・

iMac快適です。
Macbook Airの時はどうしても猫背になっていたが猫背防止にもなるかも?
ノートは会社用のLetsNoteがあるのでそちらで・・・
iPadminiもあるし

Macって今年で30周年らしい
わたしも90年代にMacintosh Quadra800も買ってからMacユーザーでJOBSが首になったあたりでWindows2000に移ったような・・・
今は、AppleのMACってことになっているが、私的にはやっぱりMacintoshなのです。
iMacもデスクトップのHDはMacintosh HDになっていることろがすてき・・・

昔の七色リンゴマークも好きだったのになぁ

Appleのコマーシャル「1984」が衝撃的でした・・・1984から30年ってことですね・・・
またしばらくMacintoshユーザーでいられるわ・・・







 
Powered by
30days Album
PR