玄関アプローチ

2010.10.12 Tuesday

0

    玄関へのアプローチは2階リビングを支えている構造柱の向こう側
    この構造柱にインターホンを取り付け(パナソニック製)インターホンの上はLEDの外灯を取り付け24時間タイムスイッチでオン・オフコントロールとしました。
    表札はシンプルにカッティングシートの切り文字をペタッと貼っただけ(これはSAS@佐々木さんのアイディア)ですが、シンプルでグッドです。
    表札はどうしようかなぁ?っと悩んでいたところだったので・・・助かりました。

    構造柱の裏側に玄関ドアまでのアプローチがあります。壁にポスト口・・・これもシンプルで良い感じです。左側にフィックスの窓が2枚ありその先が玄関ドアって感じです。
    玄関ドアはトステムのDDシリーズ。このドアもシンプルでグッドです。庇下の一番奥がバイクのガレージ部屋となってます。

    構造柱の裏側はそれなりの広さがあり、息子2人と嫁の自転車置き場に・・・メルセデス・トラックが長いので余裕で置けるかな・・・もしかしたらバイクも置けるかもね

    玄関ドア以外は全て窓で開口しているので、バーチカルブラインド仕様で統一しました。
    ブラインドの写真はまた紹介します。外構フェンスとの距離が無いので超広角レンズでないと撮れない・・・

    このアプローチのチョイ先に柱が見えますが柱と壁の距離がバイクのハンドル幅ギリギリでちょっと焦る感じ・・・今のSR400しか無理かも・・・セパハン仕様にすれば余裕かもしれないが、おやぢの身体にセパハンは辛いので今のままのハンドル幅をキープするかな


    にほんブログ村 住まいブログ 狭小住宅へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 住まいブログ ガレージハウスへ
    にほんブログ村

    窓の配置

    2010.08.24 Tuesday

    0



      窓の配置のはなし・・・
      隣家と密接するだろうと思われる箇所に関しては視線が合わないような窓を配置してます。

      ,3階サニタリーとバスルームなのだが・・・現状はまわりのお宅は2階建てがメインでここからはほぼご近所の屋根しか見えない
      ここからの採光をリビング・キッチンへ・・・っと言う事で我が家で最も開口している窓です。
      △魯螢咼鵐亜キッチンの窓で丁度ダイニングテーブルのベンチチェアーあたりありますが、高さは腰ぐらいの高さです。座っても丁度背中あたりなのです。
      大きい窓は道路側と反対側に開口してます。
      は子供部屋のそれぞれの窓
      こちらの窓は天井面ギリギリの高さから開口しており、本棚とカウンターデスクがあるので座っていると窓からは光が入るだけ・・・立っても背伸びしないとのぞけない感じかな?
      い蓮▲レージ部屋の窓、1階ということもあり、採光もほとんど望めない・・・胸の高さあたりの細い窓・・・空気の入れ換え用の窓かな?窓の下がベッド
      イ魯殴好肇襦璽爐料
      窓の高さをある程度おさえてあります。ココの窓は唯一目線が合う感じの位置かなぁ?
      このあたりは境界線の外構をどうするか?




      にほんブログ村 住まいブログ 狭小住宅へ

      にほんブログ村

      にほんブログ村 住まいブログ ガレージハウスへ
      にほんブログ村

      断面図

      2010.02.06 Saturday

      0


        昨日の立面図を真ん中でズバッと切った断面図になります。
        これで、初めておうちの「スキップフロアー」構造が解明

        平面図だけだとこの状態がなかなか頭の中に想像できなくなってきます。

        これだけ見てても疑問がわいてくる。
        その1.各フロアーをつないでい階段と階段のつなぎ目の床はどうなってるの?

        回答は階段と階段は互い違いで上に伸びており階段の下には床は無し

        スキップフロアーの構造的には
        ,僚蠅妨軸悒疋△ありここは土間レベルの土間スペース
        土間はシンプルにコンクリートにウレタン塗装仕上げ(コンクリートの雰囲気を大事に・・・)
        エントランスの反対側はバイクガレージと私の籠もり部屋となっており、このスペースは全体がコンクリート土間仕上げ
        エントランスの奥にゲストルーム
        ,ら3段上がって下駄箱と郵便受けのスペースの
        △ら階段5段上がっての2Fフロアーここには子供部屋と嫁さん部屋の個室を三つ
        から階段5段上がってリビング&キッチンの
        駐車場の真上になります。
        いら階段5段上がってイ3Fスペース
        ここは、サニタリーとバスルームとバルコニー
        っと以上
        左半分は2F構造、右半分は3F構造となってます。

        1Fエントランスから3Fまでの階段スペースの壁面は下から上までずーっと続いてます。この壁面の色と仕上げは佐々木さんも検討中・・・図面上薄く色がついているところ
        シナ合板の染色クリアー塗装を検討
        結構、ポイントな壁となります。

        階段の手すりは金属製のスケルトンなシンプルなモノを・・・っと思ってます。

        やっと解明したスキップフロアーの怪でした。

        基本的には3Fバルコニーからの採光を各階に巡らせる・・・
        よって、リビングの窓は視線をカットして小さめの窓

        細長いおうちに念願のバイクガレージ
        バイクを左側の道路から1F一番奥のガレージまで持って行けるか?寸法的にはギリギリのサイズで大丈夫なはずだが・・・
        ガレージ&籠もり部屋は北側1Fのこのおうちで一番日照条件が悪いところに設置しました。よって、多少広めのスペースを確保したつもりなのだが・・・2台は置けないかな?

        にほんブログ村 住まいブログ 狭小住宅へ
        にほんブログ村

        にほんブログ村 住まいブログ ガレージハウスへ
        にほんブログ村

        立面図

        2010.02.05 Friday

        0


          スキップフロアーの我が家
          平面図ばっかり見ているとなかなか縦方向がよく分からなくなって来るのです。
          現在工務店に見積もり依頼中
          そのときの図面から立面図を・・・
          狭小地でいろいろと詰め込んだのでパッつんパッつんの充実具合となってます。外観を図面で表すとこんな感じの外観です。

          図面ばっかり見ていると何やらとても広く感じるのですよ
          しかし、図面の寸法を見るとやっぱり・・・狭くはないが決して広くはない
          家の間口としては5m長さ13m
          細長い建物となります。

          今のマンションと比べても間口は狭く長い感じです。
          間口は今のマンションより広いと思ってしまうのだが、数字を比べると狭い。今のマンションは間口6.2mありますから・・・狭いんだが・・・
          これより狭いんだなっと改めて認識

          しかし、このフロアーが3層になっているので延べ面積は広いと言うことなのだな。。。

          細長〜い長屋に詰め込んだおうちは可愛い感じかも・・・

          反対側はこんな感じ





          にほんブログ村 住まいブログ 狭小住宅へ

          にほんブログ村

          にほんブログ村 住まいブログ ガレージハウスへ
          にほんブログ村

          結露

          2009.12.08 Tuesday

          0


            これからの時期、困っているのが結露対策
            今住んでいるマンションではかなり悩まされております。
            リビング、玄関ドアなどが、びっしりと濡れまくり・・・・なのです。これは、新しいおうちでは必ず解決しておきたい項目のひとつ

            何故、結露が起こるのか?
            気温と湿度の関係らしい・・・ようするに、空気中に含まれる水蒸気の量は温度と密接な関係にあり、暖かい空気は多くの水蒸気を持てるが、冷たい空気は同じ水蒸気が持てなくなり、結露として水蒸気が表面に現れる、っという具合

            外部結露
            内外気の温度差によるアルミサッシの内側と外側の気温差での発生(これが多い・・・)

            内部結露
            暖かい部屋から冷たい部屋に空気が流れて結露が発生。例えば、リビングの暖められた空気が、詰めたい押し入れの中に入り、持てなくなった水蒸気が押し入れの壁で結露となる・・・

            なぁるほどっと納得するわけで
            要するに解決方法としては、高断熱、高気密の家にして、家全体の温度を一定に保つ(部屋ごとの温度差をなくす)のと、外部と接する特に窓は、ペアガラスや樹脂サッシ等にして、断熱を行う・・・
            あとは、水蒸気を大量に発せする石油、ガスファンヒーターの使用を控える

            鉄路防止策としては室内の水蒸気の量を減らすか、表面温度を上げる方法が効果的・・・暖めてさらに水蒸気は増やさない。

            今のマンション確かに結露を助長する事しかしてなかったような・・・アルミサッシはシングルで外気温との差がもろにガラス表面に、おまけに石油ファンヒーターをガンガンにかけて水蒸気を思いっきり増やす。暖まっているのはリビングのみで廊下、玄関は冷え冷え・・・リビングから水蒸気の貯まった暖かい空気が廊下、玄関に流れ込み冷え切った玄関ドアにぶつかり結露びっしょり・・・・なぁるほど、その通りだわ・・・・

            家全体の温度をいかに一手に保つか?
            エアコン、暖房の仕方をよく考えないとね
            それと換気か?

            高断熱、高気密、換気、冷暖房と
            プロの佐々木さんに教えを請う

            にほんブログ村 住まいブログ 狭小住宅へ
            にほんブログ村

            にほんブログ村 住まいブログ ガレージハウスへ
            にほんブログ村

            1