ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2018.01.16 Tuesday

バイク屋 新年会

 

新年会続き・・・

YAMAHA SR改

Ducati Monster 400改

長男のHonda CAB

のメンテナンスと改造でお世話になっているスリーエー@越谷の新年会

 

料理の数々はこちらのバイク屋の奥さんの手料理・・・

これまた、とても美味しいイタリアン

 

スリーエーバイクユーザーとバイク雑誌の編集者の集まりでした。

 

私のテーブルにいらしたSさんが最年長なのですが、なんと78歳

現役のバイクライダーなのです。

YAMAHA XT500のキックスターターをまだ踏み下ろして乗られているのです。

バイクも数台所有されていて昨年は九州まで10日間ぐらい掛けてツーリングされたと・・・全てバイク自走・・・

もう、あっぱれって感じです。

長距離は当然お歳だし、ツーリングタイプのバイクだと思ったのですが、なんとこれまた・・・

MV アグスタ・ブルターレだと聞いてまたビックリ。。。

今年はXT500で沖縄を走ってみたいと言うことでした。

 

いやぁ〜こんなお爺ちゃんになりたいなぁ

やっぱりバイクは乗り続けることに意味有りだと感じたしだい

 

やっぱり、Sさんクルマも好きみたいで

所有しているクルマの中に私がずっと恋い焦がれていた・・・ランチア・インテグラーレをまだ持っていてちゃんとメンテナンスされているらしい・・・ブルーのインテグラーレみたいです。

 

やっぱりバイクは乗ってなんぼだな

 

 

下の写真はスリーエーの新しいSRベースのXT

これも格好いい出来で欲しいかも・・・

雑誌社の方の情報ではSRは10月頃、新車発表のようです。

 

 

 

 

 

 

 

2018.01.13 Saturday

Thought-FACTORY 新年会

 

Thought-FACTORYの新年会を開催

2018年はどんなことを実行していこうかと・・・思案・・・

その後、賄い料理の数々で新年会

 

料理はカフェマスターK小姐の計らいで美味しい料理を堪能できました。

今年は色々と企画中

facebookやweb、blogでお知らせしていきます。

 

段々と冬らしく冷え込んできました。

Step Houseは2Fより上の階は快適・・・午前中は日が入るので暖かい

無垢のフローリングも快適

問題は1Fのガレージ部屋=私の部屋

コンクリート土間はやっぱり冷えます。

なかなか暖まらないなぁ

っと、毎年感じてはいるのだが冬だからね・・・

1Fの玄関小上がり部分にオイルヒーターを置いているのだが、玄関から2Fへの階段ルームは良い感じに暖まります。

この暖気をガレージ部屋に取り込めればなぁ

 

まっ、それでも奈良の実家と比べれば天国であるわけです。

 

この時期、設置して良かったとつくづく感じる設備は

バスルームにあるタオルウォーマー

これはかなり快適です。

風呂上がりのバスタオルがいつもフカフカ暖っか状態

バスルームスペースも暖められているし・・・

 

 

 

 

2018.01.02 Tuesday

舍楽人忘年会&大掃除

 

昨年末だが

舍楽人の忘年会をThought-FACTORYで開催しました。

開催に当たって事前に実は午後から大掃除も実施

綺麗に磨き直されたThought-FACTORYでポットラック形式で夕方から忘年会が始まり〜〜

皆さん思い思いの食べ物、飲み物を持参して貰って食べきれない、呑みきれない楽しい会となりました。

 

大掃除の模様は下記YOUTUBEにアップしておきました。

GOPROで2秒ごとのタイムラプス撮影してみた

 

https://www.youtube.com/watch?v=oH5brCEsj0w

忘年会では佐々木さんの設計した家の施主が今はこんなに育ってます。的な家の紹介もあり
皆さん色々と工夫して
育ってますね〜家
私のStep-Houseが7年目
中にはこれから見積り施工と言う方もおり
いえづくりは本当に楽しいかも・・・
もう一軒建ててみたいわ
2017.12.22 Friday

白昼堂々ライブ

佐々木さんがライブに出演すると言うことで

四谷天窓@高田馬場に行ってきました。

 

白昼堂々ライブというイベントで34回目を迎えるようです。

名前の通り13:00開演のライブ

 

5組の方々のライブ演奏を堪能

やっっぱり生ギターの音はそれぞれだが良いなぁ〜〜

やはりギターは練習しなければっと思ってしまったのでした。

 

おやぢ世代には懐かしくも良い響きのメロディーばかりで癒やされました。

佐々木さんのギターと声合ってます。

 

お店は満員御礼状態でした。

 

 

2017.12.17 Sunday

ベンツトラックに暮らす

 

初めて井口さんと会ったのは2016年の夏

ベントラ中古車専門店のP's Autoさんで・・・

購入したベンツトラックをメカニックに手ほどきを受けながら自分でレストアしていたところ・・・

 

聞けば、写真好き、旅好き・・・

そのパワーは半端なく50カ国以上を旅してその国々で会った人のポートレイトを撮り続けている・・・

カメラはフィルムの年季の入ったライカ

 

撮っては帰国して現像

仕事を見つけて資金が貯まったら旅に出る・・・

そんな井口さん

 

まぁ〜そんな人がいるのはメディアとか本とかで知ってはいたがこんな所で会えるとは・・・

会って話をするとこれまたとても気さくで面白い・・・

 

っと、2016年の夏の出来事だったのだが、その後ベントラが走れるようには完成し、その後はタンザニアに行くと言ったきりだった・・・

そんな2017年の7月連絡が・・・

代々木上原のギャラリーで写真展をやると・・・

 

当然、本人にも会いたいし、タンザニアの写真も見たいのでギャラリーに参上。。。

久しぶりに井口さんと会えて話もして・・・

聞けば今は練馬の方に帰ってきて仕事をしながら次の旅資金

あの、ベンツトラック207Dで生活していると・・・

365日トラックで・・・

車内で写真現像出来るようにしているとのこと

将来的にはこのトラックでユーラシア大陸を旅したいとのこと

屋根にソーラーパネルを仕込んで電気はそんなに不自由しないらしい

 

お風呂はスポーツジムか仕事先で借りれるらしい

トイレは近所のコンビニに買い物ついでに借りるらしい

 

っと、

私には想像もミニマムな生活をトラックで過ごしているとのこと・・・駐車場代を考えても問題なく生活できるとのこと・・・

 

そんな井口さんのトラック生活の記事が下記に載ってます。

是非読んでもらいたい

 

TOKYO VAN LIFE

 

 

 

 

2017.12.03 Sunday

シマトネリコ

 

テラスを占拠していたシマトネリコ

7年間で結構大きくなってしまい、ちょっと持て余していたところに救世主現れる。

家の玄関先にもシマトネリコがあり、そちらは地植えなのでさらに巨大化して我が家のシンボルツリーとなっています。

このテラスのシマトネリコも気に入っていたものの落葉したときに落ち葉がテラスの床板の間に落ちて屋根の上に堆積してしまうのでこの掃除が結構な重労働だったりもします。

 

どうしたものかとこのblogでも愚痴を言っていたところに

救世主K夫妻が現れる

トントンとまとまりいつでも引き取って貰って良いよ・・・的に・・・

そこからがちょっと色々と大変

 

隣地との間も無いことから3階から1階まで階段で下ろすしか無いわけで・・・

事前にお知らせしたシマトネリコの大きさ

鉢の大きさ 直径650mm 高さ430mm

全体の木の大きさ 枝幅1800mm 高さ2200mm

大体の重さ 60kg

 

この植木を簡単に運搬してくれるところが無く

8月から3ヶ月ほどKさんが探しあてた業者が決まり本日運び出されることとなりました。

 

なんと、引っ越し業者のアート引越センターの若者2人で・・・

養生してから約1時間ちょっとで1階まで下ろすことに成功・・・

さすが引っ越し業者

手際が良いというか馬鹿力というか・・・

狭い階段を1階まで・・・

 

本日の夕方

無事にK夫妻の中庭に引っ越し完了との連絡をもらったので一安心

 

シマトネリコちゃん

きっと第二の人生を歩んでくれると思います。

一気に育ちが良くなるかも

快適そうな中庭だなぁ〜〜

 

 

 

 

 

 

2017.11.30 Thursday

エコキュート

 

 

昨夜、深夜00:30 a.m.

寝る前のニコチン補給で玄関外へ・・・

何かエコキュートの方から聞き慣れない音が

「シュー」と・・・

 

家の裏側のエコキュートに行くとそこは、もはや湯けむり温泉状態

「何?」

よくよく見てみると

エコキュートから湯気が噴出・・・

まさに湯けむり温泉状態

 

懐中電灯片手にエコキュートのカバーを外してみたところ

配管から熱湯が噴出しているわけです。

そりゃー湯けむり温泉状態だわ・・・

 

部屋に帰りエコキュートのマニュアルを参照

水漏れの場合は電源を落として給水バルブを閉める

マニュアル通りに処置し

とりあえず湯けむり温泉状態からは解除

 

翌朝

まずは建築家の佐々木さんに相談

工務店経由、設備屋さんを紹介して貰い・・・

16時には伺います・・・との連絡

 

ホッとして私は会社へ出勤

出勤する前に嫁に事のいきさつを説明してエコキュートのこのパイプがおかしいから設備屋さんに伝えて・・・っと

 

その後

設備屋さんから連絡があり

14時ぐらいには伺えると

 

その旨を嫁に連絡

結局、13時過ぎには来て貰えて

悪いパイプを交換修理完了7年目

 

入浴までには温水完了

無事に暖かいお湯につかれることが出来ました。

 

いやぁ〜助かりました。

これをクラシアンに頼んでいたら・・・

相談できる建築家がいるって心強いなぁっと思った次第

 

家は建築後7年目・・・

そろそろいろいろと点検必要な年頃なのかしら・・・

皆さんもエコキュートは観察必要かと思います。

 

これが気付かないまま漏れ続けていたら・・・水道代がきっと大変なことに・・・

 

 

 

 

2017.11.24 Friday

ココ・ワイナリー収穫祭2017

 

足利にあるCOCO FARM WINERYの収穫祭に行ってきた

昨年も行ったので今年も・・・できたてワインを堪能しに・・・

 

天気予報は午後から雨60%

どんよりと辺り一面曇り空

気温は低めで寒い

 

雨が降ってきたら退散だなっと思って出かけたのだが、奇跡的に一滴も雨は降らずに終了・・・

東京、松戸は雨がそれなりに降ったようで・・・

本当に奇跡だわ

できたてワイン赤・白を堪能できた

でも、今年は冷えたね・・・

バゲットと豚ペーストとキャラメルリンゴを持参したので・・・美味しくワインを飲めました。

 

来年も行くことになるのかなぁ〜〜

飯田橋からバスレンタルなので楽ちんであるのだが・・・朝が早い

 

ココ・ワイナリーは「風のルージュ」が有名

 

 

2017.11.14 Tuesday

DUCATI monster 400 modified

ドカで調子を見がてら房総方面へ

お気に入りの千倉漁協での1枚

 

この時まではまだ暖かかったのだが・・・

日が暮れると急に気温が下がり風も吹き出し

帰路は身体に応えました。

 

ドカの方はようやく分かってきたような気がします。調子の悪さはガスタンクのコック位置とFCRの位置関係がほぼ高低差が無い=ガソリンが自然落下しにくい

よって、タンクの残量がすくなってくるとキャブレターにガソリンが供給されにくくなるようです。

ガソリンを満タンにすると調子が復活するのでほぼ原因はこれかな?っと

対応策で検討しているのはキャブレター用の燃料ポンプを付けること

YZF R1の初期型がキャブでこの燃料ポンプが良いと情報を得たのでちょっと試してみようかなぁっと考えてます。

 

そろそろバイクには身体が厳しい季節をなってきたな

11月中はもうちょっと乗ってみたいと思っている次第

SRも乗ってあげないとな

 

 

 

 

 

 

 

2017.10.28 Saturday

Rally Nippon 2017

 

ラリーニッポン2017

我らがhirokart Racing Team マツダ・ファミリア・ロータリー・クーペも無事に二条城をスタート

次のレスコンである比叡山延暦寺に向けて我々応援団も二条を出発したのだが...

 

ひろか〜と氏から連絡が・・・

途中のファミマで止まってます・・・

 

えっ・・・

 

どうも調子が悪いらしい

 

比叡山ドライブウェイにさしかかる手前でファミリが止まっているところに遭遇

どうもエンジンが全くトルクが無い・・・吹けない。。。

サンアイワークス社長があれこれ点検

 

社長曰く

「排気ポートのガスケットだな・・・」

「このガスケットは俺っちがワンオフで作ったからスペアーが無い」

色々と代替え策を検討するもこの近辺の整備工場じゃどうしようも無い

すぐには修理できない

ひろか〜と氏

「とりあえず、大会本部にリタイヤ連絡します」

って、事でリタイヤ宣言

 

そこからまずは運搬用のローダーを手配して

まずは千葉のサンアイワークスへドックイン

サンアイワークスでガスケットを再作成して復活

またローダーに乗っけて一路京都へ・・・

2日目の飛騨高山へ・・・

1日で1000km往復して復活

ラリー競技の計測外だけど2日間からラリーに参加して

4日目無事に東京ペニンシュラホテルにゴール

 

いやぁ〜諦めない精神を・・・

見せつけられてしまいました。

 

次回の2018はなんとUSAみたい・・・

 

ラリーニッポンの楽しみとしてはコレクションクラスのクラッシックカーがちゃんと動いているのがやっぱ凄いです。

博物館で観るのとは大違い

雨の中のブガッティは辛いだろうなぁ〜〜〜

雅楽奏者の東儀さんも毎年出場されてます。今年は息子さんと。。。。素敵です。

 

 

 

 

 

Powered by
30days Album
PR